0

陶芸で精神集中

Posted by author on 2018年1月26日 in 未分類 |

皆さんは日頃溜まったストレスをどのように解消しているでしょうか?
身体を思い切り動かして汗をかく、好きなものを思い切り食べるなどストレス解消の方法は様々です。
そんなストレス発散の方法の一つとして、陶芸教室に通うというものがあります。
今回は陶芸が精神に及ぼす作用について詳しく見ていきましょう。
陶芸教室などで体験出来る陶芸の多くは、粘土のような土を捏ねたり、ろくろを使った形成作業を取り入れたりしています。

子供の頃、工作の作業に没頭しているとあっという間に時間が過ぎ去ったという経験はありませんか?
無心で手を動かしていると、時間が経つのを忘れてしまうことは多いものです。
そんなとき人間は一種の瞑想状態に入っていると考えられます。
瞑想とはヨガなどでよく知られる精神を統一した状態のことです。
ストレスを抱えやすい現代だからこそ、瞑想をメンタルトレーニングとして取り入れている人も増えています。
しかし、実際に瞑想をしようと思ってもストレスを抱えている状態では集中するのが難しいと捉える人も少なくありません。

仕事や人間関係に関する悩みは四六時中不安な気持ちを引き起こします。
そんなときに活用していただきたいのが陶芸なのです。
陶芸は土に触れるという作業を通して、精神をリラックスさせてくれます。
童心に帰ったような気持ちになるため、セロトニンをはじめとしたホルモンを活性化させるのです。
その結果、体内にはびこるストレス物質を駆逐し、蝕まれた心を軽くしてくれると考えられるのです。
陶芸による瞑想のメリットはストレス解消だけではありません。
気持ちをリセットすることで集中力の向上にも繋がりますし、ストレスのない精神状態は質の良い睡眠の一助となります。

陶芸によって陶器を作り上げたことによる達成感もまた、精神に良い影響をもたらします。
定期的に瞑想を続けていくことがストレス軽減における理想といえます。
しかし、毎日のように瞑想をする時間はなかなか取れないという人もいますよね。
そんなときは、陶芸教室に通って半ば強制的に瞑想状態に入るためのきっかけを作ることをおすすめします。
陶芸を継続することで陶芸そのもののテクニックが上がります。
成長していく自分を実感する機会というのは大人になるとなかなか得られないですよね。
小さな趣味だと思っていた陶芸が、いつの間にか人生に欠かせないファクターとして習慣になっていることもあるのです。
陶芸教室は受講生の皆さんのために常に門戸を開いています。
陶芸で精神をリラックスさせたいと考えている方は、ぜひお近くの陶芸教室まで足を運んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2018 初心者ですが陶芸教室に通ってみる All rights reserved.